2016年12月22日木曜日

ダイビングの普及と私達の役割(東京出張のまとめ)

笑顔がいいですね☆

 今回の東京出張は、
 JAUSのシンポジウムへ出席というだけではなく、
 正直、低迷している物販の本質を考える出張でした。

 わがポセイドンも、一般営業と法人営業、
 そして、高圧ガスとメインテナンスなどのサービス部門、
 他には調査などの海洋技術部、総務などの事業推進本部があります。

 私は現在、事業推進本部ということで、直接営業に関わっていません。
 ですが、我関せずではありません。
 もっともっと、考えて行かなければならないと思っています。

 事業推進本部の本分は、
 商品やサービスをどのようにダイバーへ伝え、提供し、
 喜んでいただき、笑顔を頂戴する「方法」を考える部署であり、
 「ダイバー育成」と「器材の普及」こそ、利益の源泉であることが、
 ポセイドンの本質なのです。


親子で楽しそうです

 考え方は幾つかあります。
 売れなく、不採算の部門を縮小し、新しい事業を創ること。
 もう一つは、売れなく不採算の部門を再構築し、持続すること。

 感覚的なものですが、
 販売力が低下したことで、販売を縮小し、ソフト面を拡大している店舗と、
 より細やかな対応で、器材販売力を上げている現地サービス、
 こういう構図になってきているように感じています。
 
 しかしながら、どちらも良くありません。

 都市にある店舗は、基本的に物販を行うことに注力して作られており、
 ソフト面だけで店舗を維持管理することは、大体の場合適切ではありません。

 現地サービスは、アクティビティを提供することに注力されて作られており、
 物販を行った後のアフターサービスに向いていません。

 あまり声を大きくして言うことではありませんが、
 使用上の説明、保守管理、修理などは、
 新規ご購入に比べ、様々なコストがかかります。

 従って、そのアフターサービスは、新規ご購入にある程度付与しています。

 他店にてご購入されたものの説明や修理に関しては、
 受付はいたしますが、基本的に、お買い上げいただきました店舗にて、
 サービスを受けていただくことが大切なのです。
 
 そうなると、結果、全体的な物販が、低下するのは当然です。
 一番良いのは、物販もソフトも、
 そのお店や現地サービスに適正な比率で、営業されていることなのです。

 そこに、ポセイドンも苦戦しています。
 もし、店舗がなくなってしまったら、、、
 お客様も、私達も、メーカーも、だれも得はしないのです。

 だから、どうやって、楽しいダイビングをみなさんに提供するのか?
 真剣に考えているわけです。


うれしそうですねw

アクアラングさんと山形カシオさんw

 良く「会社が儲かって、社員を豊かに」という言葉を聞きます。
 会社を運営する以上、正しい言葉だと思います。
 会社は、利益が出なければ、持続させることはできません。

 ですが、儲けよう!という言葉は、一歩間違えてしまうと、
 とんでもない誤りとなりかねないことも事実です。
 儲けるという利益は、金銭だけの問題ではありません。
 こころの豊かさも利益の一つです。

 お客様も、会社も社員も、取引先の従業員、生産者などなど、
 全員に生活があり、全員が儲からなければならないのです。

 もちろん、全員と言っても競合社もあれば様々ですので、
 そういう意味ではありませんが、
 こういう立場なので、お客様の姿、メーカーの姿、社員の姿が、
 つながりとして見ることができるのです。
 
 都合の良い言い方をすれば、関わるみなさんが儲かってほしい。
 そして、笑顔になってもらいたい。
 そう思うのです。

 そのつながりの中で、どこかだけ極端に儲かることは、
 どこかに過ちを産む結果につながるのではないでしょうか?


ジャグジーで笑顔

 経済の本質は、「生産と分配」です。
 良いモノやサービスを造り、お客様へ提供し、笑顔になってもらう。
 その際に、金銭という活動手段を使っています。

 金銭は評価の手段でもありますから、利益を出すということは、
 金儲けではなく、笑顔が儲かるようなことを提供することが大切ですね。
 そして、どこかだけ、金儲けをしているようであれば、
 その一連のつながりにおいて、良い結果とはなりません。

 笑顔が儲かる方法。そこを、一生懸命考えなければなりません。
 でも、いちばん、難しくもあり、間違いやすいところなんですね。

 また、製品は、どこで買っても同じだと、
 そういう風潮がお店にもあり、諦めているように感じます。
 でも、そうでしょうか?

 製品には、お客様が如何に快適であり、安全に、
 ダイビングを行うことができるか?を、
 歴史的プロセスで培ったノウハウを活かし、企画、設計されています。

 それは、日本人の「おもてなし」に通じる部分があると思います。

 そして、おおくの国産企業は、「おもてなし」ですから、
 特にノウハウ部分に価格設定をしているわけではなく、
 付加価値として取り扱っています。

 なので、その設計思想や職人のおもてなしを、
 お客様へ伝える際に、製品の陳列に加え、
 私達、アドバイザーが、正しくご説明差し上げなければなりません。

 同じ製品でも、価格だけの違いで選択することよりも、
 正しく説明できる方から購入したほうが、より楽しくなれます。
 そこに、サービス提供が生まれ、ココロの豊かさが生まれます。

 今回の出張では、主に工場見学でしたので、
 いままで以上に、そのことを、再認識した次第です。


位置やばいっす笑

工場長も部長も笑顔

 製品の「おもてなし」と
 ソフトの「おもてなし」は、
 ダイビングでの両輪です。

 売れない時代だからこそ、
 製品本来の必要性や付加価値を伝え、
 さらに、使用する環境でのダイビングが楽しくなることを、
 私達は、一生懸命考えて行かなければならないのです。

 たくさん売るのではなく、
 正しく購入いただく。

 適切な評価を金銭に置き換えて頂戴する。
 私達とメーカーは対価、お客様は楽しい思い出や、快適性を得る。
 
 生産と分配。
 
 今は大変な世の中ではありますが、
 こんなにやり甲斐のあるダイビング業界です。
 関わるみなさんの笑顔を頂戴できるよう、
 ポセイドンはこれからも努力してまいります。 

2016年12月21日水曜日

ZERO社 木更津工場 体験学習

株式会社ゼロ 木更津工場

 12月20日(火)
 いよいよ札幌へ戻る日となりました。
 
 帰る前に、どうしても立ち寄りたい場所がありました。
 それは、ZEROさんの木更津工場です。

 以前、札幌へZERO社の入江部長が来られた際、
 是非工場見学にいらしてくださいとおっしゃられたので、
 師走のお忙しい中、大変恐縮ではありましたが、
 お言葉に甘え、見学させていただくことと致しました。

Zのサイン

入江部チョ〜w

 入江部長、わざわざホテルまで迎えに来てくださいまして、
 ありがとうございます!!
 アクアラインを抜け、いよいよ木更津へ。

 風景が、東京都心から一変。
 なんとも、懐かしさを感じる、いい工場地帯です。

 で、到着とともに目に入ってきたのは、
 筆文字「Z」のサイン。
 
 私は、こういう「エンブレム」というものは、
 会社として、とても重要だと思っていますし、
 エンブレム、看板という会社の顔を大きく掲げるということは、
 社会へ向けて、顔を上げ、正々堂々責任を果たしているメッセージ
 と、感じております。

 この立派なエンブレム、看板は、
 会社の技術力、ノウハウの証であり、
 社員が誇りを持つシンボルでもあります。
 
 きっと、素晴らしい工場に違いないと、確信いたしました。

モニター品や製品が並ぶ

原反の在庫

ここから製品が造られます

NEW! 15000ルーメンのライト

在庫が所狭しと並ぶ

応需送気式の送気ホース

三方弁

商品を案内してくださる部長

 ここは、サービスセンターでもありますので、
 さまざまな在庫も管理されています。
 倉庫業務も大変で、在庫の出入庫管理はもちろん、
 全国への出荷作業は、それはもうすごい業務です。

 注文側だからといって、
 発送ギリギリの急なキャンセルや追加は、
 裏では大変な修羅場になるのです。汗

 私どもも、そのことは、知っておかなければ、いけないですね。

 さて、一通り、倉庫内を見学させていただき、
 入江部長のルーツとも言える、
 とんかつ「かつしげ」へ。

雰囲気いいじゃないですか!

これこれ、こういうのが好いんです

やはりあった!占いマシン

老眼で読めず、入江さんに読んでもらった

入江部長をつくったトンカツ

 入社当時は、よく通ったそうです。
 おいしかった〜☆

 さて、お昼を食べましたら、
 実際の作業体験です。

 昨日のダイブウエイズさん、東亜潜水機さんと違い、
 やわらかい生地を、手作業でカットし、
 手作業で貼り合わせ、手作業で縫っていきます。

 入江部長も、もともと工場で作業していただけに、
 なかなか上手いもんです。

工場長が手伝ってくれました

作業がめちゃくちゃ早い(汗)

ぎこちない。。。

これがフードになります

接着剤をぬりぬり。上手くいきません

貼り合わせもなかなかむずかしいです(汗)

入江部チョ〜。速いし上手い

圧着も、なかなかの重労働です

ちょっとプロの表情の入江ぶちょ

ダクトをつけたら完成です

できた〜!なんだか、めっちゃうれしい☆

自分も手をかけたフード。思い入れが違う

 スーツ工場は、環境配慮も、もちろん、なされていました。
 その中で、みなさん、一生懸命作業を行っています。
 一見、何気ない、作業風景です。

 しかしながら、実際自分もやってみると、
 その何気ない作業ひとつひとつ、実はかなり難しく、
 そして、重労働でもありました。

 私は体験といっても、自分のフードです。
 みなさんが手がけているのは、お客様へ納品する、
 大切な製品なのです。

 プロとしての自覚と責任、
 その中で、熟練した技術。
 ZEROさんの卓越したクラフツマンシップ、
 直接見ることで、しっかりと感じることができました。

膝パットの貼り付け作業中

接着剤も熟練した技術が必要です

 今回、工場を見学し、作業体験を通じ、理解したことは、
 ダイバーの命を守る大切な道具であるスーツ、
 責任と自覚、そして会社と自分の技術に誇りを持って、
 作業に向き合っていること。

 そして、作業に不可欠な在庫管理と発送業務。
 工場にいらっしゃったみなさんが、
 全員同じ方向を向いて、かつ明るく作業をされていることに対し、
 私は、ただただ、すごいなぁ、素晴らしいなぁと感じ入る次第でした。

 まさしく、全員野球でした。

 野球は監督あってのものですね。
 五月女社長の方針やグランドデザイン、ロードマップが、
 しっかりと説明され、浸透している証拠です。

 そして、野球でいうコーチである入江部長の、
 場を明るくする、その気配りと細やかさが、
 さらに、ZEROさんのスーツを、良いものにしているとも思いました。

 私達は、使用されるダイバーのみなさんの言葉を、
 メーカーへ伝えることと、
 メーカーのこだわりの技術や職人さんの思いを、
 ダイバーのみなさんへ伝えること。

 その役割を、肝に銘じ、
 日々の業務に当たらなければならないですね。

 そうなると、メーカーさんと店舗、販売店が、
 もっともっと密に連絡を取り合うことも必要ですね。

 今回は、師走の本当に追い込み状態の中、
 快く受け入れていただきました、工場の皆さん、
 入江部長、五月女社長、
 本当に、ありがとうございました!

 いい体験をさせていただき、感謝しています☆ 


東京下町 工場めぐり

僕の運転は怖い?と笑う須賀先生

 12月19日(月)
 ブログの題名は、東京下町 工場めぐりとするべきか、
 須賀次郎先生とデートとするべきか。

 どちらも間違いではありませんけれど、
 本来の目的が、ご挨拶と工場見学なので、
 東京下町 工場めぐりといたします(笑)

 シンポジウム翌日ということもあり、
 須賀先生も、お疲れであると思いましたが、
 付き合うとおっしゃっていただきましたので、

 遠慮なく、運転までしていただきました(汗)
 ※周りから、ご批判をうけそうだったので、私も途中運転しています。。w

ここに須賀先生のアジト、いえ、事務所があります

 目的といたしましては、
 1、東亜潜水機さんへ、ご挨拶
 2、ダイブウエイズさんへ、ご挨拶&器材のメンテナンス

 東亜潜水機さんは、歴史も古く、
 日本における潜水器、コンプレッサーの代表的な会社です。
 
 弊社では、松原鉄工所 とバウアーのコンプレッサーを取り扱っていますが、
 東亜潜水機製のコンプレッサーも、取引先で使用していたり、
 今後のことを考えると、東亜さんへ、ご挨拶に伺うことは重要でした。

 積丹での提携先「積丹マリーン」でも、
 東亜さんのコンプレッサーです。

 須賀先生は昔、東亜潜水機さんで働いていたこともあり、
 また、JAUSシンポジウムで展示されていた「伏龍」も、
 東亜さんよりお借りしたものですから、
 須賀先生のつてで、ご挨拶に伺わせていただいた次第です。

オムライスを召し上がる須賀先生

歴史を語る須賀先生

 東亜潜水機さんは、大正13年創業で、
 創業までのプロセスを考えると、
 100年企業といっても過言ではありません。

 興味を持ったのは、技術のお話はもちろんのこと、
 どのように、激動の時代を切り抜けたのか。

 そこには、大変な努力があったのだろうと、
 想像だけでも、理解することができます。

場所をとらない縦型配置が特徴です

工場では職人さんが一生懸命でした

製作工場からKHKの検査場までありました

 佐野社長に工場を案内していただき、
 見るものすべて、ドキドキするものだらけ。
 一つの鋼材から様々な部材に変わり、組み立てられ、
 最高品質のコンプレッサーが産まれます。

 潜水用のコンプレッサーだと、かなり特定されたマーケットだろうと、
 勝手に思っていましたが、お話を聞くと、
 様々な工場における気密試験へ向けたコンプレッサーや、
 消防、自衛隊向けの特殊なものなど、とても忙しそうでした。

 社員食堂へ案内いただいた時に目に入ったものがあります。
 「他社の真似は会社を滅ぼす」
 という掲示です。これは、胸に深く刺さりました。

圧倒的な言葉の力

 そして、
 会社の進むべき方向を、社員が理解し、
 全員、同じ方向へ向き、ハイレベルなお仕事をなさっているなと、
 私なりに、感じることができました。

 やはり、100年続けるには、
 社員全員が、会社の考え、方向性と技術力に、
 高い理解と誇りを持つことが、最低条件だと思いました。

歴史的なスペック表

昔のカタログ

手押しポンプ

この小型コンプレッサーが革新をもたらした

独創的な下町技術

伝統的なヘルメット潜水器

 東京都荒川区南千住。
 下町に、確かな技術力を、拝見させていただきました。
 佐野社長、東亜潜水機の皆様、
 お忙しい中、誠にありがとうございました。


 
 次に向かったのは、
 こちらも、下町、葛飾区にある潜水器材メーカー、
 ダイブウエイズさんの工場です。

 やはり、道が細く、
 切り返しながら、車を運転いたしました。

ダイブウエイズ事務所にて

下町ですね

到着です!

 ダイブウエイズもまた、歴史と技術力ある会社です。
 でも、技術力の高さは、一見判らないものです。

 また、設計者や技術者は、ユーザーと接することは少ないため、
 提供する私ども「つなぎ役」が、きちんと理解しなければなりません。

 私も実際に使用してみて、その使用感を理解し、
 こんどはメンテナンスで分解し、
 その内部の詳細まで、直接お聞きしようと伺ったわけです。

下町技術は、オランダ、イギリス、韓国などへ出荷されています

分解しながら、様々なことを教わります

排気にも最高の技術が詰まっていました

今回は、ダイアフラムも特別バージョンに

手嶋さんとw

 社長の武田さんは、現在GULLで販売されている、
 「マンティス」を作った方でもあり、
 そのほか、ハーネスなども特許を取得したりと、
 ダイブウエイズには、ダイビングのノウハウが詰まっていました。

 いつも、いろいろ教えてくださるのは、
 副社長の手嶋さん(写真左)

 お写真はお見せできませんが、
 工場では、萌えるような部材がたくさん!
 オーダーの後、部材を組み立て、出荷となります。

 器材には一番はありません。
 どのメーカーも、ダイバーへ向けた思いがあり、
 それぞれ着目点が違うだけなのです。

 なので、どの器材も同じではありません。
 私達は、そこを理解しつつ、
 ダイバーと技術者の間を取り持つ営業活動をしているわけです。

 送気式潜水方式でいうと、
 潜水士はダイバー、連絡員は私達、送気員はメーカー技術者
 と、例えられますね。


 年明けに、ポセイドンで、
 レギュレーターのワークショップを開催いたします。
 1、レギュレーターの構造
 2、レギュレーターの違いと各メーカーのすごいところ
 
 乞うご期待☆

下町でディナーです

 須賀先生と、手嶋さん、私で、食事に行ったのですが、
 須賀先生が、また、おもしろいですw

 都内11:50
 須賀先生「東京でご飯を食べるのは、味のことは言ってられないよ。
        駐車場があるかどうかだから、味はどうでもいいんだよ。」

 都内18:00
 須賀先生「今日は天丼の味がしたね。こないだは、
        ぜんぜん天丼の味なんかしなかったからね。(笑)」

 結構、グルメでらっしゃいます(笑)

 夜ごはんは、手嶋さんが、ご馳走してくださったんですが、

 工藤「手嶋さんにご馳走になったので、美味しかったのが、
        さらに美味しかったです!また食べたいです!」

 と、おばちゃんに話すと、おばちゃんは、両手を口に当てながら、

 おばちゃん「まぁ♪いちばんうれしいわぁ♪」

 と、満面の笑顔でした♪

 食べる側も、提供する側も、やっぱり笑顔が、いちばん美味しいですね♪
 なにげなかったのですが、これも、器材の提供と通じるわけです。同じ。

 手嶋さん!どうもありがとうございました!
 最高でした☆

おのぼりさん

須賀先生のプールの会へ参加

 ダイブウエイズを後にし、
 須賀先生が開いている、プール練習会へ。
 よくFBで拝見する、辰巳国際水泳場に行ってきました。

参加者を待っています

須賀先生のフィン

いよいよ泳ぎます

 JAUSの理事である山本さんと、事務局長の鈴木さん、
 それと、僕が入社当時にお客様だった高山さんも参加☆

 さすが、飛び込みプールです。
 完全アウェイ感たっぷり&25m四方5m水深のプールは、
 かなり屈折して見えて、目がくらくらいたしました。。。

 やはり、人間は、環境の変化に弱い。

 フィンも間違って、サイズが大きくぶかぶか。
 
 勉強になったことは、
 人間はインストラクターであっても、
 環境の変化と道具の違いにめちゃくちゃ弱い。

 これは、年数回の旅行で、
 レンタルでのダイビングが、
 相当リスクが高いということを説明できます。

 近くの海で、定期的なダイビングと、マイギアを用意し慣れる。
 これこそ、ダイビングの基本であり、極意でもありますね。

 もう一つわかったことは、、、
 須賀先生、めちゃくちゃ息が長く、水中では生き生き泳ぐこと。
 よく食べ、よく泳ぐ。

 須賀先生は、生きるのに、
 目標や目的を立てないとダメなんだと云う。

 しかしながら、この高齢化社会。
 きっと、須賀先生自身が、多くのダイバーの
 目標でもあり、希望でもあるのかもしれません。

 そう感じました。

周りの方も、めちゃくちゃ息が長い

うれしいジャグジー

 東京出張二日目。
 下町の工場における、確かな技術力と、向いている方向性。
 そして、須賀先生のレジェンドと呼ばれる所以。

 学ばせていただくことができ、かなり有意義な1日となりました。

 須賀先生、本当に有難うございました!