2016年12月15日木曜日

エンジェル・シェア

雪の中を漕ぎ、エントリー。

 とうとう、北海道 札幌市でも、
 ドカ雪が降ってしまいました。。。
 
一晩でこの量です。

排雪場所も、パワーもありません。。

 10日(土)、11日(日)は、除雪作業に追われ、、
 夏海は、ぐしょぐしょ防止の為、
 ドライスーツを着ての奮戦。

 平尾店長、夏海とも、風邪を患ってしまいました。

 やっぱり、亜寒帯。
 北海道なんだなぁ。
 と、つくづく思い知った次第です。

 さて、最低気温というと、
 概ねマイナス6〜マイナス7℃
 冬はさび〜な〜。。。

 前にも書いたことがありますが、
 気温が低下し、スクーバタンクも冷えると、
 理想気体の状態変化から、呼吸できる量が減ってしまいます。
 ※詳しくは以前のブログ「寒冷地でのガスマネジメント」をご覧ください。

 今回は、そんな話の中でも、
 ちょっと「ほっこり」するようなお話をしたいと思います。


オクトパス

●エア・シェア
 
 皆さんは、バディがエア切れを起こした時、
 もしくは、皆さんがエア切れを起こした時、
 空気の共有「エア・シェア」をしますよね?

 ・セーフティ セカンド(オクトパス)ブリージング
 ・バディ ブリージング
 ・ポニーボトルなどの予備空気源

 一番いいのは「エア切れ」を起こさないこと。
 でも、万が一の時は、シェアできるように、
 近くにバディがいることを常に確認する。

 こういうことが大切です。

 もちろん、バディ同士での定期的なトレーニングは必要です。
 
 「分かち合おうね。

 これはバディの合言葉です♪

 でも、エアシェアって、
 実は、バディだけではないんです。。。ヨ。


天使降臨?

●天使の分け前、エンジェルシェア

 やっぱり寒い北の大地。
 この間、弟子屈町(屈斜路湖)では
 氷点下22℃。。。

 なかなか、氷点下という言葉、
 本州では聞きなれないかもしれません。
 
 しかしながら、昼があれば夜もあるように、

 陰と陽

 夏があったり、暖かい地域があれば、
 冬があったり、寒い地域もあり、
 それは自然にとって、とても大切なことでもあります。

 そう考えると、
 氷点下という言葉も、
 なかなか神秘的に聞こえてきます。

鳥取からの友人ご夫妻

 スクーバタンクに充填されている、呼吸用ガス。
 以前のブログでも書きましたように、
 温度が冷えると、圧力が低下します。

 圧力差で動作するダイビング用レギュレーターを介しての呼吸は、
 夏に比べると、相対的に吸うことができる量が減少します。

 気体圧力/絶対温度=一定  p / T = k

 例 充填した時は200気圧でした。
   温度は氷点下22℃でした。残圧の変化は?
 
 答 200気圧 / (法定温度35℃+273) = p2 / (マイナス22℃+273)
    
   p2 = 251 x 200 / 308

   p2 = 163 気圧 となります。
    
   気持ち的には150気圧以下に感じます。。。。

 10Lタンクだった場合のヴォリュームは、
 ・35℃では    2000リットル
 ・氷点下22℃では 1630リットル

 見ての通り、かなりざっくりいうと、約20%ほど、
 全体の1/5が呼吸できないことになってしまいます。
 実際には水温の方が高いので、そこまで減りませんけどね。

北海道っぽい。

 これは、氷点下の天使への分け前分、
 「エンジェル・シェア」と、言われています。

 天使は、南国だけにいるわけではなく、
 北国にも、もちろんいますし、
 寒くなった天使は、人間と同じに、
 産熱するために、多くのエネルギー代謝が必要です。
 
 なので、天使もたくさん呼吸します。
 わたくしたち、寒い地域のダイバーが使用するタンク、
 残圧が減っているのは、「天使が呼吸するための分け前。

 なのです。

 北国での残圧チェック。
 「これ、エアが少ないよぉ〜!」と思った時、
 「エンジェル・シェア」だと、思い出してください。

 心がなんだか、ほっこりします。

 きっと、その天使は、
 あなたにそっと寄り添い、
 冬のダイビングを楽しいものにしてくれるはずです。

この子、天に召されていました。。。


 ※タネあかし。
  実は、ウイスキーが樽の中で熟成する時に、
  揮発して、10年もすると、だいたい1/3〜1/4が減り、
  その減った分は、天に昇り、天使が飲む分け前、
  「エンジェル シェア」と言われているそうです。
  それを見て、タンクの残圧も、こういう発想であれば、
  なんだか、ほっこりするよなぁ。。と、
  鳥取のブルーライン田後の山崎くんと話していました。
  たまには、こういうのも、良いですよね☆

余市町のニッカウヰスキーにて

余市12年。スモーキーで美味しい☆

ブルーライン田後の山崎くん(笑)
 ブルーライン田後のHPはこちら

0 件のコメント: