2015年9月30日水曜日

大荒れのスーパームーンの巻


 9月28日(月)
 前日は中秋の名月。
 本日はスーパームーン。

 日曜日の帰りに見た月は、
 ものっすごく大きく見えました。

 で、会社に戻り、カメラで撮影。

 月曜日も、お月様を拝めると思いきや、
 なかなかの荒天ではありませんか。。

 この日は、スタッフの秀子ちゃんが、
 なかなか遊びで潜ることができないとの事で、
 カメラの練習かねがね積丹へ。


 カメラダイビングを楽しんだ後は、
 SUPでバドリングでもしようと思ったのですが。

 なかなかの雷雨です。
 荒天という事はわかっていたのですが、
 思った以上の荒れ模様。


 落ち着くのを待ってから、
 どうするか考えよう。
 と、いう事になり、コーヒータイム。

 STANLEYのコーヒープレス。
 やはり美味しいですね。
 オイリーなコーヒー。

 でも、止んでは降り、
 そしてバリバリとカミナリ。


 仕方がないので、
 ランチタイムに。
 今回もパスタです。

 合宿の残りで、パスタが大量にあります。
 なので、しばらくランチはパスタかなw
 今日は、ペペロンチーノにコンビーフ。

 これ、またまた意外と美味しい☆

 少し、秀子ちゃんと話し込んでいたら、
 なんと、青空に!


 今だ!
 と、いう事で、大至急潜水準備。
 二人ともインストラクター。
 
 準備は驚くほどスピーディー。

 あれよあれよと言う間に、
 エントリー場所へ。
 
 でも、遠くにまたまた厚い鉛色の雲。

 しかも海は、雷雨に伴う風で時化模様。


 それでも、少し潜降。

 予想以上の雨のため、
 水中は、アマゾン川のようです(汗)


 これでは、肝心なカメラ撮影ができない(汗)
 しかも、またもや雷鳴が。。。

 やはり、諦めも肝心。

 やっぱりやめよう。
 と、いう事で、ダイビングとSUPは中止に。


 小泊海岸。
 SUPができそうな感じ。
 でも、突然の雨とカミナリは、、、

 諦めよう。

 そして、札幌へ戻り、
 せっかくなので、
 お店の近くの桑園公園へ。

 撮影の練習をいたしました。

















 久しぶりに、カメラの練習をしました。
 でも、上手には、まだまだ写せないですね。

 何を持って上手なのか?
 それすらわからない感じです。

 なにか、「おっ!」
 とか、「ほぉ!?」
 とか、そんな気持ちになる写真が良いですよね。

 それが、どういうものなのか。
 わかりかねる!(笑)

 あぁ、SUP、したかった。
 日程をまた、考えよう。

水中ライトが活躍した週末 の巻


 大気不安定の9月26日(土)
 この日の任務は、体験ダイビング。
 夜は、ナイトダイビング。

 日中は、微妙なウネリがありましたが、
 夜は落ち着き、
 やや濁りがあるものの、問題なし。

 水中ライトを用意して、
 いざ、ナイトダイビングです。

エントリーは7:00くらい。

この時期は日の入りが早い。

 ナイトダイビングではもちろんのこと、
 水中ライトは、何かと便利なアイテムです。

 大気不安定な秋。
 曇り空で水中が暗い、、、
 陽が落ちるのが早い、、、

 そんな時こそ、水中ライトの出番です。
 私は、Fisheye社のFix neoを使用しています。

 ビデオライトとしてはもちろん、
 照射時間も表示されるため、
 ナイトダイビングでも便利です。

ウマヅラハギが寝ぼけています。

蛍光発光は直接水中でご覧ください。

 そのほか、ケルダン社のブラックライトで、
 夜の岩肌を照らしてみると、
 ヤドカリはもちろん、イボトゲガニなどの毛が、
 蛍光グリーンに光ります☆

 岩のくぼみの、どこに身を潜めているのか?
 それが解るので、とても面白い!
 ようやく、フローダイビングの面白さがわかりました。

 ですが、写真の撮り方が、未だいまいち解りません。

 と、言うことで無事終了。

 翌日9月27日(日)
 早朝ダイビングのリクエストがありましたので、
 8時くらいからエントリーと思っていたのですが、、

 空模様が、なんとも難しい。

 突然の雷雨。

 しばらく、様子を見て、
 行けるかな?と判断し、エントリー。

どんよりと重たい空。

 落雷など、何かあったらすぐに帰れるように、
 近場でダイビングを行いました。
 
 キラキラ爽快な早朝ダイビング。
 を、イメージしていたと思いますが、
 この日は、濁りと薄暗さに不完全燃焼。

ライティングでコケギンポも表情が変わります。

 こういう時も、
 水中ライトは、とてもいい働きをします。
 天気がいい日以上に、色が鮮やかに見えます。

光と影のコントラストが綺麗。

 日中は、2ボートダイビング。
 1本目は宝島東です。
 エントリーしたのち、近くで雷(汗)

 こうなったら、水中の方が安全。
 アミメハギをじっくり観察しながら、
 大きいマゾイなどを見て楽しみました。

 アミメハギも、上からのライティングと
 下からのライティングで、
 全く違う表情を見せます。

 とても、面白い!

 もちろん、クラゲやヒメイカなども、
 アッパーからライティングをすると、
 とても綺麗に見ることができます。

 お試しあれ。

 2本目はスギ岩です。
 天気はなぜか晴天に向かいましたが、
 まだ解りません。

 変わりやすい天候なのです。

 なので、端から薄暗いとわかっているスギ岩で、
 いろいろライティングで楽しもうと言う魂胆です。

海藻の森は魚も多いです。

 浅い海藻の森を見ながら、
 例の袋小路へ。

 日中でも、水中ライトで照らすと、
 あたかもナイトダイビングのような、
 妖しい世界を堪能することができます。

鮮やかなオレンジ色に!

 ブラックライトで紅藻を照らしてみると、
 なんと、蛍光オレンジに発光!

 その綺麗さに、
 しばらく目を取られてしまいました。

 ということで、土曜日、日曜日で、
 合計6本。

 参加いただきましたみなさま、
 ありがとうございました。

 ライトをまだお持ちではないかた、
 ぜひ、ご用意くださいね☆

 いつもと違った世界をお約束いたします。

2015年9月29日火曜日

またまたポジティブオフ!2


 9月24日(木)のオフ。
 前回のブログの続きです。

 船上で、お昼ご飯を頂き、
 その後、ダイビングを行います。
 
 夏海が、
 「今年は全然ボートダイビングしていないんです。」
 と、言うので、スギ岩で潜ります。

 スギ岩は、午後になると海岸線に続く断崖で陽が陰ります。
 ところどころは陽が射しますので、
 なんとも言えない、コントラストを楽しめます。

 何でもかんでも、
 陽が差し込めば良いわけでもなく、
 日中でも日陰の方が、ライト光により、
 さまざまな色が見えることもあるんです。

 そんな中、
 水中世界の様々な風景を目の当たりにし、
 いろんな妄想にふける。
 
 そんなダイビングでした。

イカナゴの群れに遭遇。

その下にはイカナゴの亡骸。

枯れ始めた海藻の中にも、、

生活をしている生き物がいます。

種を超えて、何を話しているのでしょう?

ホソメコンブもまだ残っています。

コンブの下にはテナガホンヤドカリが。

エゾメバルも群れています。

スギ岩には小さい袋小路があります。

真ん中の岩がオブジェのようです。

その袋小路にも生活しているものが。

オブジェを左回りに戻ります。

色が綺麗ですね。

ウマヅラハギもいました。
  
フジツボもなかなか謎めいていますよね。

ここにもいます。イシダイ幼魚。

やはり、ついてきますよね。
  
安全停止中。

よかったよかった。

 業務としてのダイビングと、
 プライベートなダイビング。
 まったく違ったものです。

 よく、趣味と実益と言われますが、
 全然違います。

 ひとつ言えることとすれば、
 プライベートなダイビングは、
 仕事としてのダイビングに活かされる。

 と言うことです。

 とても、楽しい休暇でした☆