2015年5月3日日曜日

2015 Spring Fair 官公庁向け器材


 第8回目は、
 スプリングフェア紹介ブログのラスト、
 官公庁向け器材です。

 これらも、もちろん展示しております。

 これらは、詳しく書く事は必要ありませんので、
 写真だけにいたします。






 以上のように、弊社は官公庁、法人営業もおこなっております。
 お気軽に、お問い合わせください。

 それでは、ポセイドンスプリングフェア、
 5月17日まで開催しております。
 是非、お越しくださいませ!

2015 Spring Fair マスクとフィン


 スプリングフェアの紹介ブログ
 第7回目は、
 マスク、スノーケル、フィンです。

 これらは、基本的に、
 常時店舗に在庫されているものが多いので、
 本当に、紹介程度で。

 ただし、
 マスクは実際に顔にあわせて選ぶ事!
 フィンはサイズと長さや硬さなどを触れて確かめる事!

 したがって、行きつけのお店でよく聞く事が大事です。
 
 さて、上の写真は、GULL のヴェイダーです。
 今年の色は、カナブンみたいで、いい感じ!



 上と下は、昔からダイバーにこよなく愛されている、
 アビス(マスク)と、エーゲラバー(スノーケル)
 アビスは、ゴムではなく、シリコンです。



 ミュー、スーパーミュー、XXと、
 人気フィンも、もちろんございます!



 ビーイズムのマスクもあります。



 TUSAの新製品!
 フリーダム エリートです★



 TUSAのソラ(フィン)も、
 今年は柔らかめが出ました。



 2013年にアクアランググループになった、
 オメルのスティングレイです。
 こちらのショートを購入してみました!



 ビーイズムのFFフレックスは、
 昔から人気です。いいフィンです。

 ビーイズムのミューは、GULLのミューと
 材質が違います。
 名前も、ミューZ(ゼータ)ハイブリッドですって。
 なんだか、ガンダムっぽくて惹かれます。



 評価の高い、マレスのターボプラナ。
 パワープラナもありますよ★



 少し、茶色くなってしまった、
 店内在庫のマスクたちを、
 超処分プライスで販売中です。

 掘り出し物、あるかもしれませんよ!



 と、いう事で、
 マスク、スノーケル、フィンは、
 実物を確認してからご購入が一番です。

 在庫が豊富なポセイドンへ、
 是非お越しくださいね!

 次のブログは、
 官公庁向けのご紹介です。

2015 Spring Fair スキューバプロとマレス


 スプリングフェアの紹介ブログ、
 第6回目となりました。


 今回は、展示中のSCUBA PRO社と、mares社の紹介です。
 この2社は、札幌でも販売店が少なく、
 ブランド指名買いを受けることが多いです。

 今まで紹介させていただきましたレギュレーターも、
 今回のレギュレーターも、メーカーの思想に基づき、
 構造に違いがあります。

 その話は直接展示会でお話しさせていただくとして、
 今回も、どんな製品が置いているのかな??
 と言う、基本的な事に重点をおきましょう。

 上の写真は、SCUBA PRO社のMK21 S560です。
 シンプルにできていて、とても上品ですね。



 もちろん、スラビライジングジャケット(略してスタビ)
 も、置いております。
 AIR2(インフレーターとオクトパスが一体になっています)
 も第5世代になり、使用感が上がっています。



 MK25 S600 ディープブルーです。
 いい色ですね。



 MK25 S600 ブラックテックです。
 こちらは、ディープブルーとセカンド内の
 部品の材質が違うので、料金も違います。

 お話ししないと、単に色が違うとしかわから無いでしょ?



 MK25 S600 EVOです。
 冷水により強くなりました。




 MK25 G260です。
 MK10 G250、多くのかたが使っていましたよね。
 後継モデルがこちらです。




 AIR2ではなく、
 バランスパワーインフレーターを装備したら、
 こちらのオクトパスがいいですね。




 マレスのレギュレーターも、昔は席巻していましたよね。
 バイパスチューブは健在です。
 上の写真は、MR52 カーボンです。

 マレスのセカンドとしては、かなり軽いです!



 こちらは、フュージョン52Xです。
 2015年の新製品です!

 バイパスチューブが太い!

 などなど。
 販売店が少なく、
 在庫展示している事も少ないSCUBA PROとmares

 手にとって見る事ができるので、

 是非お越しくださいね!

 追伸:私を除く、うちの部署の3名は、
    みんなスタビを使っていることに気づきました。。

 次のブログは、
 マスク、フィンのご紹介です。

2015 Spring Fair エイペックスとアクアラング


 写真は、現在人気のレギュレーター
 フライトです。
 とても軽く、ファーストステージの一部に、
 炭素繊維を使用しています。

 飛行機の重量制限
 めんどくさいですよね。。
 場合によっては機内持ち込み。

 そんな時はこのレギュレーターです。
 もちろん、普段使いとしてもOKです。

 メーカーはエイペックス社(アクアランググループです)
 今年40周年を迎えます!

 POSEIDON Spring Fairのご紹介
 第5回目の投稿は、
 エイペックスとアクアラングの製品です。




 まず、こちらは、
 サイドマウント用のレギュレーターセット。
 ポセイドンでも、今年開催できるように、
 準備を進めているところではあります。

 サイドマウントについては、リンク貼っておきますね
 https://youtu.be/FOnJEqgFjpg




 上の写真は、エイペックス40周年記念モデル
 ブラックサファイアです。
 
 ポセイドンは、エイペックス販売店なので、
 仕入れないわけにはいかないでしょうw
 で、注文したのですが、まだ入荷していません。

 とりあえず、展示品がお店にございます。
 もし、欲しい!と言うかたは、
 限定1名様なので、お早めに!!



 上は、エイペックスのフラッグシップモデル
 XTX200
 
 下は、性能、価格とも、
 とても優秀なレギュレーター
 XTX20 オクトパスセット

 ポセイドンでは、このXTX20を、
 寒冷地仕様にアップグレードできます。
 これで冬の積丹もバッチグーです!





 下の写真は、アクアラングの新製品
 コア レギュレーターです。

 コンパクトではありますが、
 中はしっかりとした、
 バランスタイプのセカンドです。

 コアですが、
 CORE→コレ
 と、呼ばないでね!

 コレください!と言われても、
 ドレデスカ?と、答えてしまいます。



 下の写真は、
 ナギ レギュレーターです。
 凪(なぎ)です。日本限定モデルです。



 呼吸感も、作りも、最高級。
 レジェンドシリーズは、
 アクアラングのフラッグシップ。



 上のゴールドもいい感じですが、
 下の紫色(トワイライト)も良いですね!



 一押しは、これです。(一番下の写真)
 レジェンドグラシア(寒冷地仕様レギュレーター)
 
 私も、冬に使っていますが、
 3月の羅臼、30〜40mでも、
 呼吸感は変わらず、レギュの凍結も無し。

 寒冷地仕様と言っても、
 その寒冷地の基準も曖昧です。
 
 講習では4度から下を冷水と言うこともあれば、
 説明書ではレギュレーターの凍結を防止するために、
 10度以下の温度は寒冷地仕様にしてくださいと書いてあります。

 また、一言で寒冷地仕様と言っても、
 かなりのばらつき、グレードがあるわけです。

 積丹の冬、最近は冬でも6度と高めですが、
 基本は2〜4度まで落ちます。
 ここまでは、エイペックスや、アクアラングなどの

 寒冷地レギュレーターでバッチリです。

 アイスダイビングは陸上でマイナス15度くらい
 水温は0.3度くらい。
 羅臼は水温マイナス1.5度くらい。
 さすがに、グレードの高い寒冷地仕様じゃないと、
 厳しいです。。。

 有名なのはシャーウッドのマキシマスと言うレギュレーター。
 凍らないと有名ですが、渋い。(個人差あり)
 フェイスが割れることが結構ありました。
 新しいモデルがなかなか出てこない
 パーツ供給が止まっている。

 と、愚痴っぽく書きましたが(シャーウッド派のかたすみません)

 官庁関係の取引きで、とても対応に困ってしまっています。

 そういう現状なので、
 グラシア以外で極寒冷地仕様は見当たらないのです。



 ちょっと、主観も入りましたが、
 展示会では、分解モデルもありますので、
 是非、お越しください。

 次のブログは、
 スキューバプロとマレスです。

2015 Spring Fair 女性に人気♪


 BCのフィッティング。
 それ一つで、

 ・操作性
 ・バランス
 ・動き
 ・腰への負担
 
 が変わります。

 ストレスが多いと、良くないのは明らかです。

 POSEIDON Spring Fair
 第4回目の投稿は、
 女性に人気のBC♪(男性もね)





 今回は、話を難しくしません。
 セールスポイントのみ言います★
 上の写真は、女子に人気No.1(当社比)

 TUSA ティナBC(ウェイトのポケット無し)
 そして、TUSA ジャスミンBC(ウェイトのポケット有り)

 日本の女性は、欧米に比べて、ちっちゃめです。
 そして、なで肩が多いので、海外モデルやユニセックスだと、
 ぶかぶかになることが多いです。

 TUSAは、日本のブランドです。
 もし、今のBCにフィッティングによるストレスがあるなら、
 展示会へ、試着しに来てください!全サイズあります★
 あと、キャンペーンとして特別プライスです。





 次は、面白いBCをご紹介。
 ビーイズムのBCです★

 こちらは、コンビネーションバルブと言う
 インフレーターを採用しているモデルがあります。

 昔、私も使っていましたが、結構良いんです。

 空気入れるボタン
 空気抜いたり、口から入れるボタン
 もう一つ、方から空気が抜けるボタン

 この3つが付いています。

 一般的なBCも、インフレーターを下に引っ張ると、
 肩から空気が抜けるモデルも多いですが、
 ワイヤーを引っ張るタイプって、何故か習慣付きません。

 このコンビネーションバルブは、ボタンを軽く押すと、
 抜きたい分、楽に抜けるので、便利です。

 面白いのは、2ウェイシステムといって、
 従来の位置のほか、
 脇の下から左ポケットの方へ出すことも。

 ぷらぷら邪魔になりません! これ良いですね★





 TUSAのBCには、
 TUSAのレギュレーターか、ビーイズムのレギュレーター。

 ビーイズムのBCには、
 ビーイズムのレギュレーターがしっくりきます。

 そして、両社とも、エンリッチドエアーと、
 通常のコンプレッサーから充填した空気を
 40%までであれば併用可能としています。



 最後は、圧倒的なシェアを誇る
 アクアラングです!

 かな〜り昔、シークエスト社のBCが、立体に膨らむということで、
 すっげ〜と思ったことがありましたが、
 けっこう昔にアクアランググループになり、
 今では、すっかり、SEA QUESTの刺繍も無くなりました。

 アクアラングのBCは、
 とても機能的で、フィット感も良いです。



 ただ、すごく種類があるんです(汗)
 なので、きちんと試着しないと、どれが良いかは言えません★

 BCのフィッティングにお困りのみなさま、
 レンタルしか来たことがないと言うみなさま、

 是非、ポセイドンスプリングフェアへお越しください。

 試着、できます!

 と、いうことで、
 BCは、ネット通販でポチッとしてはいけない道具No.1です★

 次回のブログは
 アクアラングと、40周年のエイペックスです。

2015年5月2日土曜日

2015 Spring Fair エンリッチドエア


 会社の念願だった、
 エンリッチドエア ナイトロックス
 の製造設備が出来上がりました。

 これにより、ファンダイビングだけでは無く、
 潜水作業時にも、減圧リスクを抑えることができ、
 より安全な潜水が行えると、確信しています。

 POSEIDON Spring Fairのご案内
 第3回目の投稿は、
 エンリッチドエアーナイトロックスです。



 弊社のシステムは、分圧による混合です。

 ダイビング業界では、メンブレンフィルターで空気を濾過することで、窒素を抜く方式が多いようですが、弊社の場合、1日の処理能力の合算が増えてしまい、少々複雑な話になってしまうようでした。

 分圧混合は、純酸素を使用しますが、製造では無く、処理設備にあたるため、手続きが難しく無く、また、いままでの給油式空気圧縮機でも、ウルチポアとゼオライトの2つのフィルターを通して、オイルミストを除去することができ、設備投資も最低限で済ませることができました。(と、言っても、結構な金額ですけどね)

 難しいお話はこれくらいにして、
 製品のお話に移ります。



 スプリングフェアでは、様々なメーカーの、
 様々な機種を展示、販売しております。

 エンリッチドエアーナイトロックスは、
 通常の空気よりも、窒素を減らす分、
 酸素が多くなるので、

  講習を受け、正しい知識を持つこと
  対応している器材をご用意いただくこと

 が、ご利用の条件となります。

 器材については、ヨーロッパやアメリカなど、
 各国さらには業界によって、
 様々な取り決めや解釈があり一定ではなく、
 日本も例外ではありません。

 ポセイドンでは、器材についての方針として、
 使用器材メーカーの意見、
 指示に添うことを勧めています。

 ここで、様々なメーカーの対応状況をご紹介いたします。


 この写真は、奥に見えるレギュレーターが、
 エイペックス社の純酸素まで対応の、
 ナイトロックスレギュレーターです(私の私物です)

 また、BCも私の私物です。



 シングルタンク用のブラダーです。
 非常に空気が抜けやすく、使いやすいです。



 エイペックス社は通常の器材を、
 箱から出した段階では、酸素濃度40%までの
 ナイトロックスに対応しています。

 それ以上の濃度に関しては、
 上の専用レギュレーターが必要となります。

 また、一般的な給油式空気圧縮機により充填された、
 通常の空気が入ったタンクに接続した場合、
 オイルミストなどがレギュレーター内部に付着します。

 体には無害であっても、高濃度酸素と熱が加わることで、
 レギュレーターが燃える可能性がゼロではないとして、
 そのの空気を使用した後、ナイトロックスを使う場合は、
 必ずメインテナンスを行い、オイルミストを除去することとしています。

 したがって、エイペックス及び、アクアラングは、
 ナイトロックス用と一般的な空気用のレギュレーターは、
 分けるように勧めています。





 上の2枚は、アトミック社のレギュレーターで、
 上がステンレス製、下がチタン製のレギュレーターです。

 アトミック社、TUSA社レギュレーターの2機種に関しては、
 金属等の燃焼実験等を行い、
 結果、普通の空気とナイトロックスを、
 酸素濃度40%までであれば、
 併用しても構わないとしています。

 ただし、
 よほどのオイルなどによる汚染が考えられるような、
 あやしいタンクに接続した場合は、
 やはりその後メインテナンスが必要となります。



 国産のビーイズム。
 ゲージもコンパクトで軽く、丈夫です!

 レギュレーターに関しましては、
 アトミックと同じに、一般的な空気と
 ナイトロックスの併用使用を認めています。

 40%までであれば、問題が起きた事例がないとの、
 アメリカの機関による解釈に則ったスタンスを取っています。

 このビーイズムのレギュレーター、
 セカンドステージのスイングヘッドが女性に人気です。
 白がまたオシャレ!









 男性であれば、おなじくビーイズムのBC、
 女性であれば、ビーイズムまたは、
 TUSAのBCにあわせると、とても素敵ですよ!



 上の写真は、マレス社のナイトロックスレギュレーターです。

 こう見えて、40%までのナイトロックスに使用できるモデルです。

 100%の純酸素用ではありません。

 このほか、スキューバプロ社も、
 エイペックス社と同じ考え、同じ対応をしております。

 私の場合は、器材が大好きなので、
 レギュレーターを2セット用意したい派なのですが、

 1台で使いまわしたい派の皆様は、
 アトミック、TUSA(2機種)、ビーイズムの
 レギュレーターが、とってもオススメです。



 と、いうことで、ダイバーの体にやさしいガス
 エンリッチドエアーナイトロックス

 是非、器材をご用意し、講習を受けて、
 全員楽しくなりましょう!!

○ダイビングショップの皆様

 弊社では、ダイビングショップのみなさまへ、
 ナイトロックスの充填サービスを行う予定です。

 ただし、北海道においてナイトロックスは
 「酸素」として取り扱われます。

 したがって、充填したタンクにて、
 ファンダイビングや講習を行う行為、
 料金が発生していなくとも、お客様へお渡しした段階で、
 酸素を販売した行為とみなされます。

 ナイトロックスの充填には、以下の条件が必要となります。


 EANxスペシャルティインストラクターを取得している

 高圧ガス第一種販売主任者免状を持っている販売主任を置く

 ガスの販売種類変更届および販売主任者届を提出

 ガス名変更済みのナイトロックス専用タンクを用意する

 契約書を取り交わす


 ご理解くださいますよう、お願い申しあげます。

 次回のブログは
 2015 Spring Fair 女性に人気のBCです♪