2014年8月19日火曜日

声のあるレッスン〜CASIOロゴシーズその3 FUN体験会〜

Logoseaseで会話しています。

 先日8月9日(土)〜8月10日(日)に、
 恒例の「ポセイドンサマーキャンプ」が開催されました。

 参加戴きました皆様は、総勢約40名。
 海そしてBBQ等を楽しみました。
 改めまして、誠にありがとうございます!

ブリーフィング中。

 その中で、私とヨッチは、ファンダイビングを担当。

 水中トランシーバー「Logosease」を利用した、声のあるファンダイビングを開催いたしました。

ガーディアンマスクに取付けてみました。

喋るにはコツがあります。

バブルリング砲でも遊びました☆

集合写真の時に、Logoseaseは便利でした(笑)

 既に私のFacebookでの投稿で、ロゴシーズの存在を知っていた方も多く、導入は難しくありませんでした。

 使用するコツと、今回はどういう時に使用するかをブリーフィングにて説明し、いざ潜水!

 先ずは、
 1、会話することよりも、我々スタッフの声を聞く事に集中してもらい、
 2、緊急シグナルを体験する意味で、集合する時に発信する。
 と、言うものでした。

 この日は透明度も低かった為、ロゴシーズがとても役に立ちました。その時の音声の一部を添付いたします。

video

 1日目は、あまり難しく考えずにロゴシーズを体験頂きました。

 そして、夜はサマーキャンプです☆

宴の準備です☆

ハーブで焼いたチキンです。

BBQらしい肉!肉!肉!

総勢40名でした☆

ちょっとバター醤油にウニが負けてしまいましたが、美味しかった!

漁師の強太くんから、ウニを購入。ウニ割り体験も☆

 そして、夜が更けてゆき、1日目は終了。

 2日目も、もちろんロゴシーズファンダイビングです☆

くどちゃんチームです。

めんこい!

透明度はいまいちでしたが、楽しい!

かわいい〜☆と言っていました。

クロガシラの目

 2日目は、気が向いて、話したくなった時に、ロゴシーズを使用するようお伝えし、いざ潜水。

 「この魚は食べられるのですか?」
 と言う質問もあり、なかなか便利。

 また、カメラ派ダイバーに便利である事も解りました。

 どうしても被写体に集中してしまう水中撮影。グループに遅れを撮ってしまう事もしばしばですよね?

 そんな時
 「りえちゃ〜ん、いくよ〜!」
 と話すと、しっかり聞こえていたようで、よかったとの評価を頂きました☆

Logoseaseが見えるように記念撮影!

Logoseaseでお願いしたら、ホントにやりましたw

打ちまくっていますw

あ〜たのしかった☆との言です。

  風、ウネリ、悪い視界などもありましたが、ロゴシーズを使用した「声のあるファンダイビング」を楽しんで頂く事ができました!

 只今、ポセイドンにはロゴシーズが4台。
 あと3台欲しいです。
 それと、陸上機も。 


 ロゴシーズ、評判は上々です☆

 それと、JAUSの須賀次郎さんも、ロゴシーズについてブログを書いています。
 是非こちらもご覧下さい。
 ・その1

 ・その2
 ・その3

2014年8月5日火曜日

北海道大学 体育学 スノーケリング講座〜臨海合宿編

積丹町美国町 小泊海岸にて。

 私にとっての、夏のビッグイベント「北海道大学 スノーケリング講座」が先日8/3にて終了した。

 このスノーケリング講座は、前回の投稿にあるとおり、

  1. プールで1.5h×4回のトレーニング
  2. 1泊2日のスノーケリング海洋実習または、2泊3日のスクーバ合宿
 で、構成される。

 大学の授業でもあるため、年々参加希望者も増え、今年は約120名となった。

1組目のブリーフィング風景。

 臨海合宿の目的は、
  1. 海で泳ぐ事が少ない北海道の学生に対し、その機会を与える事。
  2. 夏に起こる水難事故を防止する意識の形成。
  3. 合宿で、集団生活の指導を行なう事。
 目標は、
  1. スノーケリング中の誤飲事故を防止するために、正しい道具の使い方、泳ぎ方のポイントを、指導員のデモンストレーションにより理解する。
  2. 初心者(役)に対し、スノーケリングの導入指導を実施し、評価を受ける。
 そのほかに、
  • 小樽ライフセービングクラブによる、ライフセービング体験
  • ペットボトルを利用したレスキュー体験
 上記を実施し、積丹町研修センターにて、食事の用意、プレゼンの為のグループミーティング、掃除などを行なう。

小樽ライフセービングクラブとも連携。

指導練習中。

各グループ、バディにて指導練習。

スノーケリングツアーの引率練習。

浮いて待つ練習も。

慣れてきたら、色々楽しむ。

ペットボトルレスキュー。

身近にある物を利用しての救助体験。

指導プレゼンに向けたグループミーティング。

朝食風景。


快晴だった、海の日連休 7/20〜7/21


1組目の集合写真。

 海の日と言うことも有り、積丹町美国町の小泊海岸は、行楽客で混雑していた。天候は快晴、海の状態もベストコンディションである。
 
 水底は砂地で遠浅ではあるものの、マフグの子供がたくさん泳いでおり、泳ぐにはとても良い場所だ。

 2日間、天候も良く、気持ちの良い合宿だった。

この日はたまたま、ご飯とみそ汁のみ我々が作った。


大雨の中での2組目 7/26〜7/27


2組目の集合写真。

 台風から変わった低気圧により、積丹は大雨だった。
 予報通りだ。この調子では、翌日は大荒れになる。
 海は凪ていた為、デモから評価まで、初日に行なった。

天候は雨。

ライフセービング体験。

雨あしが強くなってきた。

 全員の評価が終わると同時に、北からの風が吹いてきた。
 もう限界だ。
 全員海から上げ、岬の湯へ。

午後から荒れてきた。

 案の定、海はみるみる時化に。
 翌日も海は時化、大雨による濁流は、流木などの漂流物を吐き出した。

 こういう海の姿もある。水難事故の多くは、天候の変化に対する、正しい判断や対応が出来なかった事から起こっている。

 2組目は、そう言う自然の姿を見ることができ、とても意義のある合宿だったと思う。

 二日目は、そういう海を見ながら、ビーチに散乱している、置き去りにされたゴミを拾い、終了した。

翌日も時化と大雨。


大雨の余波の中、快晴だった3組目 8/2〜8/3


3組目の集合写真。

 先週の大雨の後、かなりの流木が、小泊海岸へ流れ着いた。
 積丹町では、その漂流物を重機で撤去し、そのお陰で、問題無く合宿を実施することができた。しかしながら、水の濁りなど、先週の余波はまだ残っていた。

 天候は快晴。

 熱中症の対策として、水分と塩分の補給はこまめに実施しなければならない事も、学生達に強調して伝える。

漂流したワカメのメカブで曇止め。

先週の余波で、若干濁りがある。

スノーケリングツアーの引率。

 3組目は全ての内容を充分に実施できた。
 学生達も、様々な事を吸収し、良い想い出となった事と思う。

晴天に恵まれた3組目。


 これで、2014年度の北海道大学 スノーケリング講座は終了した。
 次はスクーバを選択した学生の合宿だ。

 スクーバの合宿は、

  1. 北海道エコ動物自然専門学校 7/29〜7/31(無事終了)
  2. 札幌科学技術専門学校 8/5〜8/7
  3. 北海道大学1組目 8/11〜8/13
  4. 北海道大学2組目 8/14〜8/16
  5. 弘前学院大学 8/18〜8/20
  6. 東海大学1組目 8/26〜8/28
  7. 東海大学2組目 9/2〜9/4
  8. 弘前大学 9/9〜9/11
 上記の他、日程未確定や日帰りコースなどで、
  • はこだて未来大学
  • 酪農学園大学
  • 札幌科学技術専門学校 海洋生物学科2年乗船実習と1年スノーケリング実習
 
 次世代を担う学生達へ、海を通じた実習を行なえる事は、本当に意義のあることで、やりがいがある。本当に感謝。

 ただし、課題も残る。

 それは継続的な「経験」であり、今後、どのように提供してゆくかを、我々は考えなければならない。