2014年6月20日金曜日

いよいよポセイドンもLogoseaseショップ始めます の巻

ポセイドン所有のロゴシーズ。

水中でのコミュニケーション、会話が出来ればなぁ。。。
水中用の無線通話装置は、少し大掛かりで1台30万円くらいしてしまう。。。
ハンドシグナルも併せて、簡単な会話が出来れば、それだけで楽しいのにな。

そんな事、思ってしまったりしますよね?

そこで昨年から登場したのが、山形CASIOより発売された、水中トランシーバー「Logosease/ロゴシーズ」なのです!

もうご存知の方も多いですよね?

そのロゴシーズ、いよいよポセイドンでも、講習やファンダイビング、リフレッシュ等で使用したり、導入検討をしている方へトレーニングしたり、販売したりと、お取り扱いを開始いたしました!

Logoseaseについての詳細は、Logoseaseスペシャルサイトをご覧下さい!
※スペシャルサイトでの認定ショップページに、後日掲載される予定です。


ロゴシーズとインストラクター用のハーフマスク。

最近は、ポセイドンでも、海で使い勝手の検証や、プールトレーニングにて使用など、何かとLogoseaseを使っています。


骨伝導で伝わって来るのですが、フードの上からでも一応OK

コンセプトは、手軽、そして、レギュレーターやスノーケルを咥えたまま、会話が出来ると言うものです。

もちろん、マウスピースを咥えていますから、通常の会話のように滑舌良くとは行きませんが、コツを掴めば上手に伝わり、また、ハンドシグナルと併せる事で、より使い勝手が向上します。

操作も簡単です。水に入ればスイッチオン。送話と受話は、本体をタッピングする事で切り替わります。

ものすごく遠くまで伝わる物では有りませんが、バディ間の距離であれば、全く問題無く使えます♪

今後ポセイドンでは、

・アドバンス講習に導入
・NAUIロゴシーズスペシャルティコースを開催いたします
・リフレッシュプログラム、定期的なトレーニングに使用します
・水中ウォッチングファンダイビングに不定期ですが使用します

を、開催する予定です。


プールでカメラ練習。ロゴシーズも使用します。

今のところ、プールトレーニングでは、その効果が見られました。
陸上で説明するにもイメージが湧きづらい内容を、水中で、ひとつひとつ説明しながらトレーニングする事で、理解度が向上した訳なのです。


楽しくなってきました!

と、言うことで、カメラの練習にも最適でした。
「もっと寄って〜」
「ここを写して〜」 など、とても解りやすくなります。

良いカメラをお持ちですね!


被写体は、、ズゴックでした☆


工藤「ちょっともって」 相手「わかりました〜」


工藤「面白い事して〜」 相手「わかりました〜」

マウスピースを咥えたまま話しますが、テスト品のインストラクター用ハーフマスクが、山形カシオさんから送られてきましたので、それを装着してのトレーニングも実施しました。


トリムトレーニング中にも便利です。

それと、Logosease は、
「残圧ない!」とか、
「オクトパス貸して欲しい」とか、
安全対策としても、機能するように思います。

ポセイドンの今後の展開に、ご期待ください!

下のYoutunbeは、先日開催いたしましたプールトレーニング。
みなさまも、Logoseaseを利用してみませんか?

2014年6月10日火曜日

春の積丹 最終月。豊かな海藻ダイビング。


 積丹 6月。
 水中ではスガモが生い茂り、ホンダワラ科のフシスジモク、エゾノネジモク、ウミトラノオが成長し、ケウルシグサはアフロヘアーのようで、とても面白い。

 これらの海藻と海草には、小さな生き物がたくさん。
スーパーマクロコンバージョンレンズ、買ってよかった☆

 まだまだ、これからも海藻は見られますが、ワカメの生活史を例に出すと、真夏になれば、目に見えない糸状体や配偶体などですごし、秋から冬に胞子体になり、来期の冬ダイビング、春ダイビングで、いつもの姿を見ることができる訳なのです。

 夏の積丹は、蒼い海、爽快感、魚影を楽しむ。
それがまた気持ちがいいのですが、僕的に最高のシーズンは、3月〜6月の「北の海藻の世界」だと思うのです。

 是非、ドライスーツに慣れ親しんで頂き、命を育む「海藻の世界」を、一緒に楽しんでいただきたいと思います。