2012年10月14日日曜日

ザリガニを 獲って食いたる 秋の湖 の巻


あれから、、、
あんなことや、こんなこと、結構慌ただしかったですが、時間は刻々と進んで行くんですね。

と、言うことで、この日がやって参りました。
「然別湖 高所潜水&ウチダザリガニ防除ツアー」
今期としては初めてのこのツアー! 気付けば紅葉の季節です。

本当はもっともっと行きたかったんですが、前回迄のブログの通り余裕が無く、紅葉の時期とあいなりました。とにかく、開催出来て良かったぁ〜♪

ツアーとしての詳細は、またまた「イベント ツアーの想い出 ブログ」に書くとして、ここでは裏話的な?感じで行ってみたいと思う次第でござります。

美蔓パノラマパークにて

やってやるぜ!

今回の記事はこんな感じでお届けします☆
  • B型の新そば事件
  • 湖底のヒグマ事件
  • 星空の下のディスタンス事件
  • 湖の中心で萌ぇを叫ぶ
  • 低視界での血液型別行動考察
  • またまた来たよ然別湖


●B型の新そば事件

 鹿追町や新得町は「そば」の名所。丁度この時期は「新そば」のシーズンなのです。
 ポセイドン一行は、連休まっただなかの道東道を抜け、鹿追町に入ると道の駅にて「新そば祭り」が開催されていたのです。すっごい行列。。。

 「新そば食べたい。。。でも並ぶのはイヤ。。。」

と、言うことでB型の僕としては「しかめん」さんに行けば新そば食べれるじゃん。と思い、そのまま突き抜けた訳ですよ。

しかめんさんにて

それで、前日の土曜日、海へ行く途中に聴いていた「日高晤郎ショー」で、晤郎さんが「新そばはうまいね。天ぷらそばとか温かいのはやっぱりこの季節旨いんだけど、先ずはやっぱりざるを食べて香りを楽しんでからだね。新そばは。」
なんて言っていたので、そのことを車中で話した訳ですよ。そしたらね、へぇ〜そうなんだぁ〜、じゃあ冷たいの食べようか!なんて言っていたんです。みなさん。

ごぼう天そばの冷たいやつ

 それで、しかめんさんに入った訳ですよ。そしたらね、A型のA達さんなんかは、メニューに載っているのが新そばかどうかが気になっちゃってる訳ですよ。しかも「自分はうどん派なんですけどぉ〜」なんて言ってるの(笑)A型だよね。
 で、B型のひじんこ(佐藤インストラクター)なんかは、あんまりその辺気にしていなくって「温かいごぼう天そばで。」って頼んじゃうんですよ(笑)

 新そばだってのに、事件だねこれは(笑)


●湖底のヒグマ事件

  然別湖に到着し、そのまま北岸の野営場に来ました。

WHITESのドライが風景にマッチしている!

意気揚々と。。。

やる気満々ですが、ダイコンはバッテリー切れてます(笑)


 初日は、この野営場で潜るのですが、水草が残っている場所なので、ウチダザリガニはいて欲しく無いのです。また、ヤンベツ川の河口付近なので、北海道天然記念物のミヤベイワナが産卵の為の遡上準備をしている時期。ダイビングが楽しみです♪

ミヤベイワナ

追うと逃げます。当たり前かな(笑)

 ミヤベイワナ、すごい群れでした(汗)
 そのままウチダザリガニを探すべく、水草の下を泳ぎ進むわけです。

捕まえました(汗)ここの区域にはあんまりいて欲しく無い。。

写りたがりです。

水草がきれいですね♪

 で、予定時間で折り返し、しばらくしていると、湖底になぞの足跡が。。

問題の足跡。。。


 むむむ!! この時色んな妄想が頭によぎったんですけれど、最悪のことを考えちゃったんですよ。「これはヒグマの足跡ってやつでは無いのか???」
 自然ってすごい(汗)ミヤベイワナとかニジマスとかを獲りに、ヒグマがここまで潜って来るのか!? ってことは、もし、今ここで僕が上から襲われたら(汗)

 無論のこと、ビビリな僕としては、尻尾が巻くが如く、腰が引けちゃうんですよね。下品な話し、●玉がキュッてなっちゃうんですよ。
 こわいぃ〜(汗) 早く上がらなきゃ!

ダイビング終了


 ヒグマの事は、皆がおっかながっちゃうとマズいので、心の中に仕舞っておきながら、器材解除とザリガニの処分。でも、皆に早く教えたい。。。

こらこら、あそばないの

ザリガニの標本

すっごい欲しい!


 ホテルに入り、温泉&バイキング。その後簡単な飲み会だったんですけれど、とうとうそこで皆さんにお話しようと思ったんです。もう、1人で抱えきれない。。。
 「あのね、実はね、変なもの写したんだよね。。。これ」と、カメラの映像を皆に見せる。そしたらね、、、
 「あ、それT中さんの手を付けたとこだよ」とA達さん。。。
 「あ、それ僕の。なんか気になったから湖底を触ってたの」とT中さん。。。

 「なぁ〜んだ、そうだよね〜、いるわけないよね〜、水深3mだもんね〜」

 なんだか、悔しい。なので、心の中でT中さんとヒグマの姿を合体してみました。
 WHITESのドライスーツ姿が、ヒグマというより「ツキノワグマ」っぽかった。

WHITESのドライはツキノワグマっぽい


●星空の下のディスタンス事件

A達さんが寝て、そろそろ明日に備えようと思ったのですが、然別湖と言えば「星空」って事で、ひじんことYouちゃんと3人で湖畔へ散歩した訳です。
 
 見上げると一面にキレイなお星様☆なんてロマンチックなんだろう。

 で、写真撮ろうと思ったんですけれど、僕のガラケーでは全く写らないんです。
 すっごい距離が近く見えるのに、こんなにきれいなのに。。。

 みんなどうやって写してんの?? なんか、なんか悔しい。。。
 ってことで、写真はないよっ!!肉眼で確かめてね!


●湖の中心で萌ぇを叫ぶ

早朝5時半。早起きです。何故かと言うと「早朝カナディアンカヌー」を楽しむ為。  

くちびる山がキレイ。

この段階で気温なんと3℃

チャーリー君がガイドです。彼とは長い付き合いです

きもちいです。ほんとにきもちいです!


ナキウサギには逢えませんでした

紅葉の映る湖面


 朝早くからカヌーを漕ぐと、なんだか体調が良いです。自律神経に効く?
 気温はまだ冷たいですが、キレイな景観と水を切って進むスピード感がたまらなく良いわけで。。。

 小休止ポイントでカヌーに乗ったまま温かいコーヒー。最高ですなぁ。
 そして、山と言えば「やまびこ」です。山に囲まれた然別湖。ここで叫ぶとやまびこがリレーしちゃうんです。ほんとうにすごい感動です。
 A達さんとYouちゃんはそれぞれ此処で書けない恥ずかちい事を叫ぶんですよ。なんだか青春の1ページ的な?良いですねぇ。

 ひじんこはもっとすごかった!
 彼女が叫んだ言葉は!
 「もへぇ〜」
 だった! もへぇ〜 もへぇ〜 もへ〜ぇ と山々にこだました時、僕達の心の中は、もちろん萌えてた。紅葉がもえるように。。。

もへぇ〜!!!


 ●低視界での血液型別行動考察

二日目のダイビングは、9時から1本目、その後北海道エコ動物自然専門学校からアドバンス取得者2名を加えて防除潜水です。

顔がつかれているB型

なんだか説明している風なA達さん。ほんとは説明なんかしてません

ほらね(笑)

ウチダザリガニ(小)

カゴにもたくさん入ってます

すごい。

見つけた!


 こんな感じで楽しく潜るのですが、実は低視界。少し離れると全く見えないのです(汗)
こういう時って血液型別行動パターンはどうなのだろう??そこでまとめてみました。
 A型:A達さん→誰かについていれば良いかぁって思ってたよぉ〜
 O型:たしかYouちゃんはO型→たぶん大丈夫だと思ってました(確証無し)
 B型:僕とひじんこ→ちょっと見えなくなっただけで超ドキドキして探しまわった

 確かにインストラクターとか、立場が違うにしても、なんとなく血液型で行動パターンが見えるような気がするのですよ。
 もちろん、皆が気になって、ザリガニはあまり獲ってないです。不完全燃焼(汗)

 でも、無事でよかった♪

ザリガニと身近な水辺を考える会のイベントも開催されてました

茹で道具です

楽しいですよね♪

さ、ザリガニを食べよう

食べ方おかしいって(汗)

美味しそうでしょ??


 と、言うことで、今回も防除潜水も良し、温泉も良し、食事も良しの楽しい然別湖ツアーでした!!
 帰りは森のきっちん かわい さんにて、お気に入りのキノコハンバーグを食べましたよ。

んまいんだな。これが。

●またまた来たよ然別湖

 と、月曜日にツアーが終了し、水〜木にまたまた然別湖です。
 今度はお仕事で然別湖なんです。

さらに紅葉が進んだようなきがします

天気は悪かったですが、紅葉がキレイ!

今回は水草をザリガニから守る調査です

ザリガニの生息範囲は拡大し、結構深刻です

北海道というより、ハウス名作劇場っぽい風景

水草のある風景を守りたいものです

ウチダくん、悪いけど食べさせてもらうね

 週7日の中で4日も然別湖にいました。仕事とは言え、僕的にはとっても贅沢♪
 
これから然別湖はどんどん気温水温ともに低くなり、12月には凍ってきます。
翌年の6月頃迄は氷の世界ですね。

11月にもう一度潜ってきます。また、2月の然別湖コタンの時もツアー組んでみたいですね。氷下潜水ってやつ。夜は湖上の温泉と氷のBARで一杯♪

企画出来たらお知らせしますので、是非今からドライスーツでのレッスンを!!

うふふ♪

2012年10月3日水曜日

熱闘!臨海合宿 Vol.3 「闘いはもう、終わりだ」編


秋ですね。
男心と秋の空。
本当に読めない。変わりやすい天気が続いています。

でも、まだ水温は24℃をマーク。
例年ですと21℃になっているんですけれどね。



10月。マヤ歴のX Dayは12月22日。この海水温の異常は何か関連が有るのだろうか?

もちろん僕は、万が一の為に、写真のようなガスマスクを準備。
って、うっそ〜♪ 全面マスクでの講習を企画しています!
そうです、ピークも過ぎ、天候も悪い日が多く、内勤が増えてきた訳なんです。



☆「闘いはもう、終わりだ」編 ☆

 9/20 内勤だけど、事務作業ってなんだっけ??
 9/21 科学技術専門学校授業、SCD学科
 9/22 北大留学生向けスノーケリング
 9/23 潜らない事に、なにやら背徳感が。。。
 9/24 これでいいのか? これでいいのだ!
 9/25 荒れ模様の中積丹☆アウトドアスノーケリング
 9/26 SCD学科でした
 9/27 SCD学科だったよ!
 9/28 科学技術専門学校で前期末試験だよ!
 9/29 SCD海洋ステップ1
 9/30 SCD海洋ステップ4




○9/20 内勤だけど、事務作業ってなんだっけ??


スクール説明を受けています。


 しばらく事務作業と言うものを怠っていました。
 言い訳はしません。
 海も内業も極めるということは、とても難しく、、、重荷を背負って長い道を歩くが如く、、、なんですねぇ。 ふぅ。

 夜は藤女子の学生がスクーバダイバーコース入会してくださり、そのまま学科1をおこないました。講習は難しいものですが、話す内容は決まっていますので、ノンストレスです。内業もかく有りたい物ですね。


○9/21 科学技術専門学校授業、SCD学科



掲示物は気になる物ばかりです。


 金曜日はいつも通り札幌科学技術専門学校で授業です。
 来週は前期末試験と言う事も有り、出題範囲について説明と、そのおさらいを行いました。何度も行った範囲でもあるので、きちんと理解出来ていれば満点!来週が楽しみです。ま、学生にとっては地獄の1週間なんでしょうけれどね。ファイト!

 夜は藤女子の学生2名の学科2です。正直お兄さんは、たじたじでした(汗)
 お兄さん??
 おじさん?? どっちでもいいや(笑)


○9/22 北大留学生向けスノーケリング


笑顔に国境はありません。

 土曜日は「海」です!
 内業も大切ですが、まだ海へ行くほうが「働いている!」って感じがいたします。
 
 この日は北大の留学生へスノーケリングを開催いたしました!
 変わりやすい秋の天気。前日迄は大雨の影響で濁っていた海も大分回復♪
 2時間半では有りましたが、僕達にとっても良い経験でした。


スタッフで夕食です♪

 

 札幌へ戻り、後片付けを行った後、スタッフで食事です♪ 当たり前なんですけれど、仲がいいんです。こうやってコミュニケーションを取り、意思疎通をしています。


 でも、、、なんだか体が元気有りません。
 夏の疲れ?
 いいえ、なんだか違うんです。

 なんなんでしょうね。。。


○9/23 潜らない事に、なにやら背徳感が。。。


ドライ用の器材です。


 日曜日はウニ除去の担当だったのですが、弊社の大塚に変更となり、代わりにスクーバの講習となりましたが、これまた小林君に変更となり、結局滞っている内業に回りました。

 滞っていたのでこれで良かったはずなんですけれど、ココロもカラダも「海」を求めている、と言うか目指している。。。

 夏を乗り越えた自分のココロとカラダ、そしてスタッフ。自分は海へ行かなくていいのか??と、罪悪感にも似た感覚が襲うのです。

 内業は結局はかどらずじまい。 ドライ用の器材整備になってしまいました。。。



○9/24 これでいいのか? これでいいのだ!


全面マスクを取り付けました。

 月曜日は前回延期になったアドバンスコース海洋!のはずだったのですが、海が悪く中止に。。。結局内業を続けることに。。。

 今回ばかりは海へ行っても仕方が無いので、ココロもカラダも納得。
 全面マスクをファーストステージへ組み込んでみたり、自分的に楽しいことを行いながら、新しいレッスンの企画です。
 
 こういう企画や準備、書類の整理など、内業があっての海洋実習です。自分がやらずに誰がやる?

 そうだ!合宿コースは終わったんだ!
 夏の闘いは終わったのだ。
 
 これでいいのだ!
 
 これから秋の闘いが始まるのだ! それは連日海と言う事では無く、
「天気との闘い」と言うことなのだ。


○9/25 荒れ模様の中積丹☆アウトドアスノーケリング


クボガイとコシダカガンガラ

 新たな闘いの幕開けに気付く。
 火曜日はリクエストを頂いていた「アウトドア☆スノーケリング」である。
 なんとか開催してあげたい。けれど予報は雨。。。

 現地に着く。
 まずは雷の洗礼だ。海辺に落ちたら我々は一網打尽だ。なので落ち着く迄待機する。
 そして雨。

 時間との勝負。あまり待機が長引けば、お客様のモチベーションも下がり、プログラムにも時間的影響が出る。 なかなか手強いものだ。 と言うより到底勝てない。
 
 頃合いを見いだし、いざ海へ!

 うねりが大きくあったものの、天気は回復、水中にはカタクチイワシの群れが延々と泳いでいる。待った甲斐があった。よかった。



カモメがカワイイ



○9/26 SCD学科でした


そろそろ新しいMacが欲しいよう!
 ヨッチの体調がすぐれない。風邪のようだ。月曜は休暇を取らせたものの、火曜日は海だったので悪化したのだろう。今日、水曜日も休ませる。
 たまたま海洋実習が無かったので、僕が学科を担当。ついつい器材のセクションで熱っぽく語ってしまう。でも、器材はダイバーの生命維持装置。あっさりするほうがおかしい。

と、僕は思っている。



○9/27 SCD学科だったよ!


BREAKER OUT の高橋さん

 木曜日。今日もヨッチは風邪でダウン。この時期の風邪は辛いよね。


 この日はBREAKER OUTの営業担当高橋さんがご来店。新しい商品の説明となりました。基本的にサーフブランドなので、写真のようなホットブーツは今時期に説明されます。写真は足をいじられている所を激写! これ、良いブーツですよ!

 夜はスクーバダイバー学科2
 潜水計画のセクションです。スクーバダイビングの学科って、すんごいことをレクチャーしていますよね(汗) 慣れて来ると当たり前に感じますけれど、たまに振り返ってみることも大切なんですよ。


○9/28 科学技術専門学校で前期末試験だよ!


夜は少しだけ勉強。身に入らなかった(笑)
 ヨッチも復帰した金曜日。この日は札幌科学技術専門学校の期末試験。
学生達はようやくフィニッシュ♪ 採点してみるとなかなかいい結果♪

 勉強という言葉でふと思い出す。
そうだ(汗)高圧ガス乙種機械の本試験(法令)の勉強はそろそろ本腰を入れないとマズい。。。結構法令はむずかしいのです。 ううむ。。。難敵です。今年は勉強で始まり、勉強で終わる感じがしますね。これ。


○9/29 SCD海洋ステップ1


SCDステップ1の風景。基礎レッスンなので初々しいです。
 あっという間にまたまた土曜日がやってきました。
 今回はスクーバダイバーコースのステップ1です。
 不安定な大気で、うねりも収まらずってとこですが、なんとかレッスン修了。
 
 まだ水温24℃あります。
 でも、風とお陽様塩梅で、上がってからが冷えてきますね。
 やっぱり、、秋なんですね。


○9/30 SCD海洋ステップ4


減圧停止シュミレーション中。もうちょっと上に行って欲しいかな。


これはアドバンスチームの安全停止。余裕ですね。


みんなで記念撮影です♪


 またまたきました日曜日♪本日僕はスクーバダイバーのステップ4。前日迄台風の影響で、海も悪くなると思っていましたが、多少の風とうねり程度で、普通にダイビングを行うことができました。ほっ。

 この日はスクーバダイバーが7名、アドバンスが3名の認定となりました。
 それにしても、秋の空って、本当に読めない。。。

 台風17号はと言うと、翌日早々に東へ抜け、積丹への影響はほとんど有りませんでした。月曜日の海は時化ていましたけれどね。

 
 
 気付けば、すでに10月です。7月からスタートした繁忙期、夏の闘いは終わりを告げましたが、秋の闘い、冬の闘いと続いて行く。
 それぞれの四季で、闘いと言うよりも重点項目が変わる訳で、それを情熱的に、かつ粛々と実施してゆくのです。切り替えが難しいのかな。うん。

 これが僕らのお仕事なんですよ。大変な仕事でもあり、楽じゃないですけれど、楽しいんですよ。

 さて、まだまだ続きます。繁忙期が過ぎても暇になる訳では無いんです。
第3四半期、第4四半期と踏ん張りますよ(笑)


2012年 熱闘!臨海合宿 おしまい。