2012年4月29日日曜日

奮闘!器材展示会の巻


仙台出張では色々な事を学び、
潜水の業界について、非常に奥が深いものだと再認識。

余韻に浸り、色々な企てをしていますが、
時間は刻々淡々と過ぎ行くばかり。。。

気付けば翌日、札幌科学技術専門学校 海洋生物学科の新年度がスタート!
またまた潜水士取得へ向けた一年間が始まった訳です。

みなさま、ありがとうございます!
海と人がつながる未来へ POSEIDON 工藤 和由です☆

一発目の講義も終わり、いよいよFacebookでも公言しておりました、
「ポセイドン 新器材展示会」の準備です!
平衡してお店では恒例の「2012 POSEIDON Spring Fair」の準備。

過去のお話ですが、各店舗ごとに春には大量の仕入れが行われ、
ゴールデンウィークから新たに購入した器材でスクールを行う、、、
と言う流れでしたが、現在は全く違う流れになりました。

店頭販売は1階、展示会は3階と分けました。

先入観を持たずお話を聞いていただくため、価格表示はありません

私物も展示にかり出しました☆

DANの周知普及も、もちろん行っています。

春、一般的に新年度に入っても、一般のダイバーが新しい器材を目にする事はほとんど無くなっているのでは無いでしょうか?
また、北海道のダイバーは、東京等で行われている展示会やセミナーへ気軽に参加する事はむずかしいと感じています。

重量の問題は万国共通。軽量化とコンパクト化

今年のマスクはUVカット等のアイケアがテーマ

ネットで情報を入手出来る時代とは言え、
まだまだ実際に手に取り確かめる事に勝るものはありません。

S PROのクリスタルビューマスクは着けないと良さが解りません

中圧ホースも丈夫で軽くカラフルです

ナイフは基本的に携行すべき物です。H1鋼は錆びづらい!

ドライブレコーダー的に使えば事故の検証に役立つかも知れません

ニコノスのレンズが使えるのが嬉しい!

made in Japan は日本人の雇用面などでも大切な事なんです

開放的なデザイン、カラーは旅行を更に楽しくする!

器材の進化とともに発展して来たとも言える潜水業界。
「こんなに使いやすくなりました!」等、その進化を伝えることは、
我々潜水業界人や企業に重要な義務と責任があると感じています。

コマーシャル&レスキュー器材もあります。

サーフィスドライとヴェンチュラSARマスク。

ダイバーライフラフトは漂流時に役立つかも知れません。

緊急用エア担架は船に常備したいですね。

TUSAも消防、海上保安庁向け器材を展示しています。

単なる商品説明になってしまうカタログやネットの情報発信。
それ以上に必要なのは、
展示会やモニター会、対面接客にて、お客様一人ひとりに対し、イメージづくりや提案、フォローアップ等を行うものです。


それにより、お客様、私達ディーラー、メーカーの、全員にとって発展的であり、
より、ダイビングが楽しく、安全性が向上する事が期待出来ると考えています。


私も愛用しているWHITES フュージョンバレットDRY

実はこんなに動けるドライなのです!

AQUALUNGアクシオムは特に女性に大評判。直立出来ます。

膨張時の締め付け感がほとんど無いのは着てみると解りやすい!

みんな「おぉ!」と言うのはウエストバンドの締めやすさ!

このタンクロックシステムはよく出来ています。実際にトライ。

POSEIDON 新器材展示会は5月13日まで開催しております。
是非皆様お越し下さい。

他店をご利用のかたも是非お越し下さい。
なかなか入りづらいかもしれませんが、どうぞご安心下さい。
気になる器材がありましたら、いつも通ってらっしゃるお店へ相談してみてください。

北海道は、四季の水温変化が大きい地域。
ダイビングを楽しむためにも、器材をもっともっと知って欲しい!
と、願うだけではいけませんから、様々な事を実施して参ります。

※今回の展示会へご協力下さったメーカー
日本アクアラング株式会社
株式会社タバタ
スキューバプロ アジア株式会社
株式会社村上商事
株式会社フィッシュアイ
株式会社マスク
DAN JAPAN
ノーティラス

2012年4月20日金曜日

カルチャーショックの仙台出張!の巻

仙台駅の牛タン通りにある「利久」にて。

仙台と言えば、

  • 牛タン&麦飯
  • 笹かま
  • ずんだ餅
  • 伊達政宗公
  • 仙台四郎
などなど、見所たっぷりの杜の都。

すっごく良い街ですね!仙台って!

こんにちは!沿海調査エンジニアリング
POSEIDON 統括 工藤です!
僕の仕事は美味しい物を食べてゴロゴロする事です!!

な〜んて、なんとか仕事しているふりをしていますが、
先日の沖縄研修旅行から戻り、残務処理した後、
4/17の夜から4/18まで「宮城県」へ出張してきました♪

出張理由は、
「AQUA-LUNG ゴルスキー ハードハット型潜水器のセミナー」
に参加して、知識の吸収とアイデアづくりを行うと言うもの。

ゴルスキー ハードハットです。ALLステンレス製

今回はすこ〜し真面目な内容ですよ♪

あ、いつも不真面目と言う事ではありません(汗)

さて、潜水と一言で言っても、実は海の様に深〜く、深〜く、、、、
一般的にはお目見えしないような事まで幅も広〜く。。。
僕にとっても、まだまだ解らない世界が沢山ある訳です。

共通しているのは「水の中」と言う事。

うちの会社は潜水講習や生物調査、空気充填が主業務。
でも、潜水業務と言えば、潜水土木やサルベージ、海中工事、水中溶接、切断、港湾土木、潜水漁業、潜水救助、そのほかちょっと言えない●事系など、た〜くさんある訳です。

日本海洋のI塚さん。通話装置やソナー等の準備。

小型水中探索システム。安くはありませんよ(笑)

潜り方だって、環境や用途によって違います。
潜水方式で言うと、環境圧潜水と大気圧潜水に別れますが、僕達が潜っている方法は環境圧潜水のほう。

環境圧潜水も、送気式潜水方式と自給気式潜水方式があります。
潜水士をお持ちの方なら、もうお解りですね?
SCUBAは自給気式水中呼吸装置の略で、もちろん「自給気式潜水方式」

その中でも、オープンサーキット(開放回路方式)、セミクローズドサーキット(半閉鎖回路方式)、クローズドサーキット(閉鎖回路方式)があって、一般的なのはオープンサーキット。

セミクローズドは昔ポセイドンでも「フィーノ」と言うリブリーザーの講習を行っていましたよ。
使ってみたんですが、マウスピースにスイッチが有って、なんだか慣れなかったような。呼吸するとスコー、スコーとちょっと違う感覚。
社長がインストラクター持っていたんですが、時代を先取りしすぎたと言うか、講習生は0人(汗)東京日産マリンも今はやっていません(笑)

クローズドサーキットもリブリーザーという道具を使いますが(CCR)最近はよく話題になったりしています。

ちなみに、物凄く砕いてクローズドサーキットとセミクローズドサーキットを説明すると、呼気を再循環させる方式と言う事です。詳しく知りたい方はお店で。

いつもスクーバダイビング業界で活動していると、結構この辺りの情報が流れて来る訳ですが、、、、
「送気式潜水方式」については、なかなか話題になったり情報が流れて来たりしない訳なんです。

応需送気式潜水方式。ゴルスキー ハードハット使用。

でも!

私が担当している業務は潜水資器材を販売したり、潜水士講座を実施すること。
それは「全内容を一応網羅」しなくちゃいけないんです(汗)

送気式潜水方式も、定量送気式(二酸化炭素が高まらない様に空気を流して換気する方法)と応需送気式(基本は吸った時に空気が出て来る方式で、空気をあえてフロー状態にできる物もありますよ)が有り、似ているようで結構違いがあるんです。

応需送気式はデマンド送気式とも言い(訳しただけなんですけどね)、その中でも、全面マスク式とフーカー式で違いますし、全面マスクでもバンドマスクとハードハットがありますし、結構奥が深い。

バンドマスク(カービーモーガン社製)

ハードハット(ゴルスキー社製)

首の土台をヨークと言いますが、ZERO社でも対応してます

コンプレッサー

これでダイバーへの送気や水深を管理します

この送気ホース、高いらしい(汗)

ドライスーツは汚染水域対応のHAZ-MAT

う〜ん、学ぶという事は、果てしなく追い求めたる事。
かつ、学ぶという事は「まねぶ(真似ぶ)」が語源である事。

ゴルスキーさんによるハードハットの分解組み立て。

下から見るとこんなかんじ

送気管はヘルメット内部です。

作りはシンプルです。

なので、今回は宮城にて開催されたAQUALUNGさんのゴルスキーハードハットのデモ会に参加したわけなのです。

朝日海洋開発にて。規模も敷地も大きい(汗)

従業員の潜水士さん達も若い!

開催場所は 株式会社 朝日海洋開発さんでしたが、、、

凄い、、、、

スケールが違う。。。

潜水業務の分野は違えども、
私は、幕末の志士が外国の技術をみて驚愕したが如く、
カルチャーショックを受け、うちの会社もこうなりたいと思った次第です。

潜水技術はあまり変わっていないと言う方もいるでしょうが、
私は、潜水資器材は相当進化していると思いますし、
なにしろ、使用する人間の生活背景等が変化していますので、

「うちの会社も、このままではいかんぜよ!」

と、思ったのです(汗)

進化する潜水器材の使用による安全潜水の普及が我々のミッション。
それは昔も今も、これからも変わらない、変えてはいけないもの。

今回の機会を下さった社長や常務、アクアラングさん、日本海洋さん、ゼロさん、IANTDさん、そして朝日海洋開発さんには、本当に感謝しております。

未だこの興奮が覚めやらぬ状態ですよ。

ダイビングの仕事は憧れや夢のあるものだと思っています。
それはレジャーの分野だけではありません。
海洋開発。改めてこの言葉の深さを実感した次第です。



と、言う事で、20日は札幌科学技術専門学校で新年度の授業開始。
21日からはポセイドンスプリングフェア、
22日から5月13日までは、器材展示会、
そして合間を縫う様に、デスクワークや打ち合せが続きます。

興奮でドキドキすることばっかり。
人生って、楽(らく)では無いですが、面白い♪

2012年4月16日月曜日

社員研修旅行 in OKINAWA


4月10日に弊社の「株主総会」も終了し、
様々な問題点や案件は指摘されつつも、まずは一区切りつきました。

はいさい!
株式会社 沿海調査エンジニアリング
ダイビング事業部 部長 工藤和由です♪

と、言う事で、たまにはのんびりと英気を養うべく、
4月12日から4月15日まで、沖縄へ社員研修旅行です☆

今回は大塚常務を留守役として残ってもらい、
全社員で行って来た訳です。

土田社長も株主総会を終えましたので、ほっと一息。
同じく沖縄研修旅行へ参加いたしました☆

ミサイル問題のせいか、飛行機の中は結構空いていました。

初日は全員で宴会です。

レトロな感じの看板。

店内には古〜いポスターが!!!そっちゅね〜♪

途中でショータイムもありました♪♪

この日は新人君が泡盛を担当していましたが、社長への泡盛ロックがどうも濃かったらしく、この後社長は、、、「くどぉ〜!、、、ヒック、、、飲むヒック、ぞ〜!」と、絵に描いたような酔っぱらいぶり!!

お館さまは、お疲れのようである。
大変お疲れさまです。。。。。

さ、翌日は慶良間でダイビングです!
海洋技術部のみなさんは、いつもドライスーツで潜水作業。
なので、ポセイドンレンタルでダイビングです(笑)

どことなく、現場ちっく(笑)

ごちゃ〜ってしましたが、皆でダイビングは楽しい!

これはヨッチ。
お館さまが一番エンジョイしています(笑)

なんだかロクセンスズメダイがこっちへ向かって来るんです。

癒されますね〜。

独りで深みを泳ぐヨッチ。自己責任ですから。。。

なんだか、新しくカメラとライトが欲しくなります。

みんな「自分勝手」に潜ります(笑)

水中って、良いですね!

と、言う事で、天候は晴れたり曇ったり、風強かったり。。。
水温的には真夏の積丹のような23℃でした。
でも、3ダイブ楽しみましたよ〜♪

なんにも考えないダイビングも、たまには必要なんです(笑)

ダイビング後、海洋技術部は那覇、ダイビング事業部と総務と社長は北谷へ別れ、それぞれしたい事をする訳なんですが(仲が悪い訳では有りません 笑)北谷チームは3月20日にオープンした、ベッセルホテル カンパーナ沖縄へ宿泊です。

カンパーナ沖縄

夜は「おきなわ畑」で食事です〜☆

しまらっきょう

やっぱりオリオンビールで乾杯ですね。

すくがらす豆腐

よく食べ、よく飲みました。
中でも「ラフティ」がとても美味しかったです。

が、、、

オリオンビールが、、、、、、
少し飲み過ぎている胃に「コークスクリューパンチ by ホセ・メンドゥーサ」
を喰らうかの如く、重く、重〜く、、、

部屋は、お館さまと同部屋なんですが、暴飲暴食で二人とも胃が重たい。。。
今日はそのまま寝ると思ったのですが、
「よし、飲むぞ。」と、鶴の一声!

「なんでっ?? ※心の声」

う〜ん、やはり予想通りの展開!!

泡盛ロックを作り、飲む。
しかし!お館様はそれに手をつけること無く、、、

ずぴ〜、、、ずぴ〜、、、ぶっ(寝っぺ)

いびきをかき始めたのです!
しかも寝っぺまで。。。

なんだか、やけ酒です。

そして、後片付けをし、就寝。。。


。。。。。。zzz


翌朝、いつもの通り目が覚める。
お館様も目が覚める。
そして、、、
「くどうのいびき、怪獣だな!眠れなかったよ。。」

。。。

無意識なる反抗!!
なんだか、気の毒反面、自分のいびきを誇りに思うのでした(笑)

さて、3日目はセルフでダイビングです。
予定では真栄田岬ですが、荒れそうなのでゴリラチョップの予想。

まだ風は強く無い。

天気は曇り。ホテルからみたアメリカンビレッジ。

朝食を済ませ、いざ出発!
走ってみると、なんだか真栄田岬が潜れそうだ。

と、言う事で、予定通り真栄田岬でダイブインです♪

施設が充実していて、とても良いですね♪

収容人数のわりにエントリー口が狭い。なんで??

お館さま、大はしゃぎ(笑)

プニプニですね。

肩組んでます。もちろんヤラセです(笑)

楽しいポイントですね♪

1本目も終わり、いざエキジット。

なんですか?この階段は!!
サイパングロット程ではないにしろ、この階段を登るのは、、、

ヒイコラヒイコラ、、、 バヒンバヒン!

もう、、、いや、、いやじゃ、、、(汗)

と、言う事で、私はここで「リタイア」(笑)
お館さまとヨッチは2本目へ。

その間、お散歩を楽しみました♪

アダン

う〜ん、、風が出て来ました。

正直、膝にきています(汗)

この後、うねりが強く、遊泳禁止になりました。

さて、ダイビングの後は、美味しいと評判の「なかむらそば」

けっこう混んでいました。

てびちそば。

とても美味しかったです!
さらにお腹にガツンと来ましたね♪

北谷へ戻り、アメリカンビレッジを探索。

とっても雰囲気あるスポットなんです。

アイスを食べるお館さま。

総務と社長と男3人で、アイスクリームを食べたり、自転車でジャスコへ行ったりと満喫。う〜ん、でも何故男3人でなんでしょう。。。

夕食は、お世話になったオーシャンビーチちゃたんの藤田サンと一緒に、
ミセスマーコの店「アメリ感・アメリ館」です。
ここで、お館さまが一言
「今日は酒抜くか〜。。。」

砂辺の海岸線をお散歩。

きました!ミセスマーコの店!

記念撮影(笑)

タコス

400gのステーキです♪

食べるぞぉ〜

すっごいボリュームです(汗)

解ってはいたんです。
食べた後、どうなるかを。。。
でも、頼まずにはいられなかったんです。

さらに、お館さまは「オリオンビール 2本」
飲んでました。さすがB型社長です!
なんでか解りませんが、とりあえず、あっぱれ!

この日、ヨッチも私も、もちろんお館様も、
胃袋が悲鳴をあげていました。

部屋に戻り、ヨッチは即ダウン。
お館さまと私は、、、

「よし、くどう、氷もってこい。この泡盛空けるぞ」

おかしい。
その前、もう飲まないと言っていたはず。

しかし、お館さまの命令は絶対である。

私もお館さまも、
「ハイチオールC」
「太田胃散」
を飲んで、いざ泡盛!!!

これは、試練なのだ。
神がお館さまと私に与えたもうた「試練」なのだ。

そう悟り、泡盛1本空け、気持ちよく就寝。

zzz

翌朝、
「社長?私、いびきうるさかったですか?」
「いや、すぴすぴ寝てたよ。」

試練を乗り越え、悟ったからであると、
そう、思える、清々しい朝でありました。

さ、それと胃袋は別問題。
とっても胃が気持ち悪く、朝ご飯も残す始末。

お腹はまだ悟っていなかった。。。


この日私たちは札幌へ戻るのですが、
お館さまはそのまま延泊でダイビング、
平尾店長はその足で石垣へ親御さんと旅行。

社長を見送り、帰路へ。

さ、やり残した事は、、、
「A&W」でルートビアを飲む事!

ルートビアは最高です。胃がスッキリしました。

帰りがてら、A&Wへ寄り、お昼ご飯。
ルートビアと言ってもアルコールは入っていません。
なんせ、アメリカの禁酒法時代からある飲み物なので。

A&Wは、アメリカそして日本でも一番はじめのファーストフード店です。
とっても美味しいので、みなさんも是非!
ルートビアは好きずきです。ちなみにおかわり自由です♪

カーリーフライにミートソースとチーズ!!

みんなで記念撮影!

ルートビアを飲み、重かった胃袋も軽くなりました。

ということで、今回の研修旅行で解った事、

  1. 男には、飲まずにいられない時がある!
  2. 40からはオリオンビールより泡盛のほうがお腹にやさしい(笑)
  3. 男には食べずにいられない時がある!
  4. 80kg以上は真栄田岬の階段で膝がわらう!
  5. ルートビアは、お腹がスッキリする!
でした。

試練の連続であった研修旅行。
最高でした!これで英気も養われたはずです♪

でも、この試練も私の代で終焉を迎えるでしょう。

なぜならば、、、

ヨッチは下戸だからです!!!



おしまい。