スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の投稿

潜水士の安全衛生教育

潜水士の講習を行って、20年が経過しました。
 もちろん、最初の頃は、過去問題を使っての簡単な講習会でした。

 その環境は、ここ10年くらいで大きく変わり、
 日本水中科学協会(JAUS)の代表理事でもあり、潜水業界のレジェンド
 須賀次郎先生と、潜水士試験問題集を一緒に書かせていただいたことで、
 様々な方面より、業務依頼が増えてまいりました。

 今の時代において、潜水士試験対策講座は、
 インターネットなどで無料で学習することもできるようになりました。
 潜水士は、労働安全衛生法に基づく資格ですが、
 その概要を広める上で、とてもよろしいことと感じています。

 ですが、インターネットの世界では、誰でも色々書くことができるので、
 「信頼性」に欠けてしまうこともあると思います。

 ひきかえ、本としての発行は、様々な関係者も存在し、
 読者様より、ご購入としての対価を頂くことになりますので、
 「覚悟」と「責任」が伴うものなのです。

 弊社は、そのインターネットなどでの通信教育と全く違うことがあります。
 ナツメ社「一発合格!よくわかる潜水士試験完全攻略テキスト&問題集」
 を使用し、受講生に合わせた「対面講習」を行うことができることと、
 「技能トレーニング」も実施することができることの2点です。

 潜水士試験は筆記試験のみ。
 多様な潜水方法について、技能試験を入れることは難しい問題です。
 また、労働安全衛生法では、業務について安全衛生教育の規定があります。



 安全衛生教育には、
 ・雇い入れ時の教育
 ・作業内容変更時の教育
 ・特別の教育(送気員、再圧員)
 ・職長等の教育
 ・安全衛生水準向上のための教育
 ・能力向上教育
 が規定されています。

 このことから、潜水の実技講習については、雇い入れ時に施されます。
 そのほか、従業員の人数や業種によって、安全・衛生管理者や
 安全衛生推進者などを選任し、労働災害防止に努めるよう、
 様々な安全衛生教育を実施するよう規定されています。

 しかしながら、
 事業場で、潜水に関わる教育を施すことができる従業員が不在であったり、
 潜水のリスクを、周囲が完全に理解していなかったりすることも少なく
 ありません。

 そこで、弊社では、様々な企業などへ潜水業務の外部専門機関として
 一般的なスクーバダイビング認定講習や、安全衛生教育を実施しております。



 初心者へ向けては、NAUIスクーバダ…

最新の投稿

札幌科学技術専門学校 フィールド実習

ガラモ場天国 天売島〜潜水士講習〜その2